安全管理危機管理・概論 -1『概念論』」


フリーWebカレッジ 組織運営学科 コース000100 ネット研修 担当講師:蒔苗昌彦 eラーニング 通信教育   


●セクション1「安全管理危機管理 概念論コース開講の趣旨」

私たちは高度な安全確保技術を前提に、安全確保技術が低い時代に比べ危険性の尺度を変えている。そのため、設計者の予想を越えた原因による事故が起きた場合、安全性が低い時代には発生しえないタイプの災害を招く。
それだけに、私たちは安全確保技術の進歩を評価しつつも油断してはならず、安全管理そして危機管理にますます力を注がなければならない。
今さら私が言うまでもなく、こうした意識は広範に浸透しているようで、「安全管理」「危機管理」や「リスクマネジメント」という言葉を耳にする機会は多い。

そこで、当コースは、「安全管理」「危機管理」とは何か、改めてその概念について考察し明確化することで、この二つの行為に取り組む人たちが職場で議論する際の叩き台となれば幸いと考え、開講した。

後述もするが、「安全管理」「危機管理」自体は総合的な概念であり、実務上は「管理の対象」と「管理の担当者」を特定しない限り、具体的な方法を考察することはできない。
しかし、何も「安全管理」「危機管理」に限らず、人によって概念が異なっていたり※1、異なっていることに気づかずにいたりする中、具体的な方法を論じても話が噛み合わず会議・打ち合わせの効率は落ちるし、組織が混乱する原因ともなる。

当コースは「安全管理」「危機管理」の概念論に徹し、たとえをあげる場合を除き、業界も特定せずに論じる。
安全管理」「危機管理」は官民・業種問わず、最優先の具体的な案件であるはずだ。それゆえ、当コースの抽象的な内容に、もどかしく感じたとしても自然である。

だが、「急がば回れ」の諺を信じ、以下受講頂きたい。抽象的ならでは※2の受講成果を得ることができる上、結果、職場における「安全管理」「危機管理」の議論に必ず役立つと確信する。

  <次セクションへ続く>

当セクションの冒頭へ

コース000002論文式eラーニング「ヒューマンエラー・概念論」へ

コース000030実用書式eラーニング「職務分掌マニュアルのあり方・作り方・使い方」へ

《目次》サイトマップ

セクション1「安全管理危機管理 概念論コース開講の趣旨」
セクション2「『安全』『危機』『管理』それぞれ単体の定義」
  2-1「『安全』の定義」
  2-2「『危機』の定義」
  2-3「『管理』の定義」
セクション3「『安全管理』『危機管理』の定義と相違点・共通点」
  3-1「『安全管理』と『危機管理』の定義」
  3-2「『安全管理』と『危機管理』の相違点」
  3-3「『安全管理』と『危機管理』の共通点」
  3-4「『安全管理』と『危機管理』の相違点・共通点のたとえ」
  3-5「 水害対策のたとえ」
  3-6「 株式公開のたとえ」
  3-7「 食品衛生のたとえ」
  3-8「『安全管理』と『危機管理』の概念関係の確認」
セクション4「『安全管理』と『危機管理』の役割分担」
セクション5「『安全管理』と『危機管理』の対象と担当者」 旅客運輸のたとえ(航空や鉄道等)
セクション6「まとめ 『安全管理』『危機管理』の概念上のポイント」

※1:
学者間の論争ならば、概念の違いは。双方の不足点を浮上させ説を発展させる上で有益である。だが、同じ業務に取り組む職場においては、準備段階はさておき、実行段階では概念が用語規定により統一されているべきである。
※2:
「抽象的ならでは」のメリットは、国、法人形態、業種、職務等に縛られず、幅広く適用できることである。したがって、当コースの受講者は、安全管理危機管理に興味ある人ならば、全員が対象者となる。
次セクションへ

●制作・著作:蒔苗昌彦 
※当コンテンツはすべて、閲覧者自身の勉強用としてパソコンのモニタ-画面上で閲覧する行為に限定し、公開しています。それ以外の使用については電子メールにてお問い合わせ下さい。なお、URLのリンクは、著者の許諾なく行なって頂いて構いません。リンクフリーです。

 info@free-web-college.com


フリーWebカレッジ 組織運営学科 コース000100「安全管理危機管理・概念論」 担当講師:蒔苗昌彦 ネット研修 eラーニング 通信教育   


   前セクション   次セクション   目次   カレッジTOP   受講 ・手続き不要のネット研修

 セクション2「『安全』『危機』『管理』それぞれ単体の定義」

2-1「『安全』の定義」

「安全」という概念は、それ単体で扱うのであれば定義する必要がないほど、広く一般において意味を共有化できていると思う。極端な話、小学生と企業経営者、専業主婦と総理大臣の間であっても意味が通じる概念だろう。だが、当コースでは、かたや「危機」という、「安全」ほどまでには共有できていない概念との関係で論じることもあり、やはり念のため次の通り定義しておく。

●当コースにおける「安全」の定義
生命が本来の姿で維持できる状態、財産が保全できる状態、所属社会・所属組織等の存続が可能な状態等※1、当事者が安心できる状態。

なお、ここでいう「当事者」とは、代理者や支援者として安心確保にあたる者(個人・組織)も含める。
またなお、「状態等」と「等」をつけたのは、「当事者が安心できる状態」が、この表現ではカバーし切れない可能性があるためである。つまり、この定義は、当事者の価値観によって概念が該当する対象が変化することを特性とする。※2

2-2「『危機』の定義」

前項にて、「危機」という概念は、「安全」ほどまでには共有できていない概念であるとした。
なぜならば、同一もしくは類似の概念として「リスク」や「危険」という言葉が用いられており、また周辺用語に「不安全」「異常」「非常」「緊急」等の言葉もあり、これらの言葉との関係を整理しきれていない中、危機という言葉が交わされる場面を見かけるからである。※3

では、「危機」を定義する。

●当コースにおける「危機」の定義
安全を脅かす事象や事態、または、安全確保が不可能な事態

なお、ここでいう「確保」とは、「完全に確保すること」を指す。

2-3「『管理』の定義」

「管理」という言葉も、それ単体では、広く通じる言葉だと思う。

しかし、「マネジメント」や「コントロール」という言葉との同一性の観点から論じたり、「安全」「危機」や、その他「人事(管理)」「(管理)職」等の言葉と組み合わせた際に、意味が多少変化するように感じられる。それゆえ、やはり念のため、当コースにおける定義を次の通り設定する。
ただし、次の定義は、当コースにおいて「安全」および「危機」という言葉と組み合わせることを前提とした定義とする。

●当コースにおける「管理」の定義
当事者が望む状態を確保するために関係要素を制御する行為。

なお、ここでいう「当事者」とは、代理者や支援者として管理にあたる者(個人・組織)も含むこととする。

<次セクションへ続く>

次セクションへ

当セクションの冒頭へ

コース000002論文式eラーニング「ヒューマンエラー」へ

コース000030実用書式eラーニング「職務分掌マニュアルのあり方・作り方・使い方」へ

 
※1:
これらの事例をあげずに、ただ「当事者が安心できる状態」と記すほうが、定義文としてはすっきりしているが、イメージがつきやすいよう文の前段に事例を列挙した。
※2:
当事者の価値観によって該当する対象が変化する概念は、何もこれだけはない。
※3:
「リスク(risk)」は「危険」と訳される。リスクは組み合わせる言葉によっては、「負荷」「負担」とも解釈できなくない場合もあるが、それらを単体で英訳すれば「load」「 burden」となる。

「危機」を単体で英訳すれば「crisis」となるが、カタカナ英語の世界では、「危機管理」を「リスクマネジメント」かというのが主流な模様。「クライシスマネジメント」や「クライシスコントロール」という言葉を耳にする機会は「リスクマネジメント」に比べたら少ない。

と思えば、カタカナ英語としてはみかける機会が極めて少ない「emergency management」の対訳に「危機管理」があてがわれていたこともある。

これらの妥当性はともあれ、純英語、カタカナ英語、日本語が三者入り乱れているままだとややこしいので、当コースでは、「危機管理」という言葉だけを用いることを前提に、概念を定義していく。

 
 

フリーWebカレッジ 組織運営学科 コース000100「安全管理危機管理・概念論」 担当講師:蒔苗昌彦 eラーニング 通信教育   


   前セクション   次セクション   目次   カレッジTOP   受講 ・手続き不要のネット研修

●セクション3「安全管理』『危機管理』の定義と相違点・共通点

3-1「『安全管理』と『危機管理』の定義」

前セクションにて「安全」「危機」「管理」それぞれ単体の定義を終えたので、これらを組み合わせた概念となる「安全管理」「危機管理」をそれぞれ定義する。

●当コースにおける「安全管理」の定義
 当事者が安心できる状態を確保するために関係要素を制御する行為。


●当コースにおける「危機管理」の定義
安全を脅かす事象があっても・事態となっても、その悪影響が無いようにするため関係要素を制御する行為。(α)
 または、
安全確保が不可能な事態による悪影響を少なくするため関係要素を制御する行為。(β)
 または、双方。(α or/and  β)

なお、ここでいう「その悪影響が無い」とは、「悪影響が全く無い」つまり悪影響ゼロという意味である。
また、「安全確保が不可能な事態」とは、「もはや安全確保が不可能となってしまった事態」を意味する。「安全確保が不可能であろう」と予想した時点のことではない。※1

3-2「『安全管理』と『危機管理』の相違点(違い)」

前項の定義から分かるように、「安全管理」においては安全確保に専念する。

それに対し、「危機管理」においては安全確保に専念するわけではなく、安全確保が不可能な事態には、その悪影響を少なくする行為を行う。※2

これが「安全管理」と「危機管理」の相違点(違い)である。(次々項以降に、たとえを紹介します)

3-3「『安全管理』と『危機管理』の共通点」

「安全管理」と「危機管理」の共通点は、「安全を脅かす事象があっても・事態となっても悪影響が無いようにする」という点にある。

この点は、前述の「危機管理」の定義文には記したが、「安全管理」のそれにはないので、一見、分かりにくいかもしれない。しかし、安全を確保するためには、たとえ安全を脅かす事象があっても・事態となっても、その悪影響が無いようにするための仕組み・仕掛け等を設置する必要がある。
だから、「安全を脅かす事象があっても・事態となっても悪影響が無いようにする」という点が「安全管理」の「危機管理」の共通点となる。(次項以降に、たとえを紹介します)

3-4「『安全管理』と『危機管理』の相違点(違い)・共通点のたとえ」

上述だけでは抽象的すぎて理解が進まないだろう。ついては、以下、たとえを出す。

或る人(個人)が水害を恐れ、河川の全くない地区に住居を構えたとする。(この類の行為を、以下、便宜的にカテゴリーのaと呼ぶ)
このaは、危険な場所にそもそも近づかないことで安全を確保したことになる。つまり自らの安全管理をしたわけである。そして、そもそも危険に近づかないのだから、水害という点において、危機管理の必要はない。
なお、このaを便宜的に、「純・安全管理」と呼ぶ。

或る人(個人)が、河川の付近であるものの、護岸が高く頑丈なことを確認して、住居を構えたとする。(この類の行為を、以下、便宜的にカテゴリーのbと呼ぶ)
このbは、大雨で水位が上がるという安全を脅かす事象が発生しても、高くて頑丈な護岸により、水があふれ出すという悪影響は無いとの前提に立ち、安全を確保したことになる。つまり自らの安全管理をしたわけである。
そして、安全を脅かす事態による悪影響が無いようにしているという点で、危機管理(自治体による代理行為としての危機管理)となっている。
なお、このbを便宜的に、「安全管理上の危機管理/危機管理上の安全管理」と記す。


或る人(個人)が、河川の付近に住居を構えたところ、大雨で護岸が決壊し家屋が浸水し始めたため、全身ずぶ濡れになりながらも身体一つで避難したとする。(この類の行為を、以下、便宜的にカテゴリーのcと呼ぶ)
このcは、ずぶ濡れになったことが原因で風邪等の病気を引き起こしたとすれば悪影響があったことになるが、避難が遅れ濁流に呑まれて命を失ってしまうよりも悪影響の度合いは少なく、この点において危機管理をしたことになる。
しかし、護岸決壊によって安全確保がもはや不可能となった時点で、安全管理の枠から外れている。
なお、このcを便宜的に、「純・危機管理」と呼ぶ。

上記のたとえを整理し抽象化すると、
・そもそも危うきに近寄らないのが「a.純・安全管理」
・危機があっても安全を確保するのが「b.安全管理上の危機管理/危機管理上の安全管理」
・危機による悪影響を少なくするのが「c.純・危機管理」
となる。

3-5「水害対策のたとえ」

前項のたとえは、個人の観点からのたとえであった。当コースは組織運営学科のコースゆえ、むしろ組織の観点からのたとえに、以下、力点を置く。

まずは前項と同様に水害をテーマにすると、
水害に責任を持つ公共機関(国家や自治体)が、増水の際必ず浸水する地区に住居を構えることを禁ずる措置をとったとする。
この場合、この地区の住宅水害という点において、そもそも危うきに近寄らずとなり、公共機関は「a.純・安全管理」をしたことになる。

水害に責任を持つ公共機関が、増水になっても水が溢れ出ないよう、高くて頑丈な護岸を設けたとする。
この場合、この地区の水害という点において、増水という危機の悪影響が無いように、護岸という仕掛けをしたことにより、公共機関は「b.安全管理上の危機管理/危機管理上の安全管理」をしたことになる。

水害に責任を持つ公共機関が、護岸が決壊したことを想定して、危険地区から住民を救出する手順を定め演習を行い、実際に護岸が決壊した時に、多くの住民を救出することができたとする。
この場合、護岸決壊という危機による悪影響を少なくしたという点において、公共機関は「c.純・危機管理」をしたことになる。

3-6「株式公開のたとえ」

或る会社が株式の公開を検討した結果、敵対的M&Aの可能性を経営危機とみなしそれを忌避し、公開しないことを決定したとする。
この場合、そもそも公開しないのだから危機は発生しえず、会社は「a.純・安全管理」をしたことになる。

或る会社が株式の公開を検討した結果、敵対的M&Aは経営危機とであるとしたが、万全な防衛策を前提に、公開したとする。
この場合、その防衛策が本当に万全ならば、会社は「b.安全管理上の危機管理/危機管理上の安全管理」をしたことになる。

株式を公開した会社が、敵対的M&Aの攻勢にさらされ、相手との交渉の結果、ある程度の損失はあったものの事態を収束でき、M&Aを回避したとする。
この場合、会社は「c.純・危機管理」をしたことになる。

3-7「食品衛生のたとえ」

或る食品会社が、今までは加熱食品しか製造販売していなかったが、非加熱 食品への参入を検討し、その結果、衛生管理上の危険性が高いと判断し、参入しないことを決定したとする。
この場合、そもそも参入しないのだから非加熱食品に関する危機は発生しえず、会社は「a.純・安全管理」をしたことになる。

或る食品会社が、今までは加熱食品しか製造販売していなかったが、非加熱食品への参入を検討し、その結果、万全な衛生管理体制を汲み、参入したとする。
この場合、その衛生管理体制が本当に万全ならば、会社は「b.安全管理上の危機管理/危機管理上の安全管理」をしたことになる。

非加熱食品を製造販売する食品会社が、衛生管理体制の不備により、非衛生的な製品を出荷してしまったが、迅速な製品回収により、食中毒による死者の発生は回避できたとする。
この場合、会社は「c.純・危機管理」をしたことになる。

3-8「『安全管理』と『危機管理』の概念関係」

以上のたとえも参照にし、「安全管理」と「危機管理」の概念関係を確認する。
ベン図(右欄掲載)で表現すれば分かるように、aにおいては安全管理のみ、bにおいては安全管理と危機管理が重なり、cにおいては危機管理のみ、となり、したがって両者の概念関係は「交差関係」となる。

<次セクションへ続く>

次セクションへ

当セクションの冒頭へ

コース000002論文式eラーニング「ヒューマンエラー」へ

コース000030実用書式eラーニング「職務分掌マニュアルのあり方・作り方・使い方」へ

 
※1:
「安全確保が不可能であろう」と予想した時点では、安全管理上も危機管理上も、まず危機を回避する努力(つまり悪影響ゼロへの努力)をすべきである。が、危機管理上は、それに加えて、「もはや安全確保が不可能となってしまった事態」を想定し、悪影響を少なくするための準備をしておく必要がある。
※2:
危機管理において「(安全確保が不可能な事態による)悪影響を少なくする行為を行う」ということには、前述※1でも述べた「『もはや安全確保が不可能となってしまった事態』を想定し、悪影響を少なくするための準備をしておく」ことも含む。
 
 
 
 
 

フリーWebカレッジ 組織運営学科 コース000100「安全管理危機管理・概念論」 担当講師:蒔苗昌彦 eラーニング 通信教育   


   前セクション   次セクション   目次   カレッジTOP   受講 ・手続き不要のネット研修

 セクション4「『安全管理』と『危機管理』の役割分担」

当コースは組織運営学科のコースなので、一つの組織内の役割分担の観点からも、「安全管理」と「危機管理」を見る必要性がある。

私が代表取締役に就いている小さな会社のように実態は自営業にも近い会社は別として、ある程度以上大きな組織においては、
「安全管理」と「危機管理」のそれぞれに、専門の担当部署・担当職務があるとしても自然である。
つまり、安全管理を担当する部署・職務が、「c.純・危機管理」までは行わない状態、
および、
危機管理を担当する部署・職務が、「a.純・安全管理」までは行わない状態、があっても自然である。

しかし、これは、「安全管理」と「危機管理」を、一つの部署(または職務)が兼務しすることを禁ず、という意味ではない。場合によっては、兼務しても構わない。場合によっては、兼務せざるをえない。※1

いや、管理対象の特性によっては、むしろ兼務したほうが円滑に管理ができる場合もある。

では、兼務したほうが良い場合、それぞれ専門の担当をしたほうが良い場合とは、どのような場合なのか?

実は、これは、たとえ一つの組織の中であっても、「安全管理」や「危機管理」をする対象次第である。つまり、何について安全管理をするのか、何について危機管理をするのか、管理対象を具体的に特定して初めて、兼務すべきか否かを決めることができる。さらには、管理対象次第では、安全管理や危機管理の専門部署・専門職務でなくても、安全管理や危機管理をしなければならない。

ついては、次のセクションにて、「安全管理」と「危機管理」の対象について考えてみよう。

  <次セクションへ続く>

次セクションへ

当セクションの冒頭へ

コース000002論文式eラーニング「ヒューマンエラー」へ

コース000030実用書式eラーニング「職務分掌マニュアルのあり方・作り方・使い方」へ

 
※1:
さらに重要なことなのだが、兼務にせよ、専門にせよ、部署名称・職務名称に、一々「安全管理担当」や「危機管理担当」という言葉がつかない場合がある。それどころか、作業名称にすら、安全管理や危機管理という言葉がつかない場合がある。なぜならば、安全管理や危機管理という行為は、大なり小なり、組織内の様々な役割分担・作業の中に、不均一に分散しているのである。

が、とりあえず、当セクションの段階では、話を進めやすくするため、暫定的に、「安全管理を担当する部署・職務」「危機管理を担当する部署・職務」という限定的な言い回しをする。

 

フリーWebカレッジ 組織運営学科 コース000100「安全管理危機管理・概念論」 担当講師:蒔苗昌彦 eラーニング 通信教育   


   前セクション   次セクション   目次   カレッジTOP   受講 ・手続き不要のネット研修

 セクション5「『安全管理』と『危機管理』の対象と担当者 旅客運輸(航空や鉄道等)のたとえ」

たとえば、旅客運輸を行う会社(航空や鉄道等)を想定してみる。旅客運輸という一つの業務の中であっても、「安全管理」「危機管理」ともに、様々な対象があろう。その中でも最優先の管理対象は、旅客運輸の装置・機器等である。なぜならば、装置・機器等が不安全では、旅客運輸の業務がそもそも成り立たないからである。

さて、極端な話、同じ旅客運輸であっても、人力車による旅客運輸であるならば、人力車の運転手が、人力車という機器に一人で一貫して関わることが可能となり※1、安全管理と危機管理は兼務となろう。

しかし、航空機(旅客機)や高速鉄道(電車)という運輸手段を用いる会社において、装置・機器等という対象に関わる部署・職務は、装置・機器導入後、大きくは、整備・保守をする部署・職務と、操縦・運転をする部署・職務に分かれると思う。(以下、整備・保守のほうを甲、操縦・運転のほうを乙と呼ぶ)

この場合、甲は、装置・機器の整備・保守を通じて、前述のaとbに専念して構わない。いや、専念することにより、安全確保に努めなければならない。

かたや、乙は、高速で移動するという、そもそも危険と隣り合わせの作業を担当するのだから、前述aの観点で作業に関わることはない。だから、航空機操縦・運転を通じて、前述のbとcに専念することになる。

再確認すると、甲は、純・安全管理(a)と、安全管理危機管理が重なり合うところ(b)を担当する。
乙は、安全管理と危機管理が重なり合うところ(b)と、純・危機管理(c)と、担当する。

つまり、甲は、「安全管理」と「安全管理上の危機管理」を行ない、乙は、「危機管理」と「危機管理上の安全管理」を行う。したがって、装置・機器という対象に関して、甲は安全管理を担当し、乙は危機管理を担当することになる。

この「乙は危機管理を担当」という結論部分だけを聞いた人は、あたかも乙が安全管理はしないように思うかもしれない。が、結論寸前に述べた「危機管理上の安全管理」を行っている。この点を見逃してはならない。

それでも、「乙が危機管理を担当」という言い回しに抵抗がある人は、「乙が安全管理と危機管理を兼務している」と言っても構わない。

だが、もし私がその組織の最高責任者ならば、乙は、安全管理をするにしても、常に危機管理上の観点から安全管理をしてもらうよう指導・教育したく、やはり、「操縦中・走行中、くれぐれも装置・機器の危機管理をよろしく」と言うだろう。
また、甲に対しては、何が何でも安全確保するという意識で作業に取り組んでもらうよう指導・教育したく、「メンテナンスを通じて、くれぐれも装置・機器の安全管理をよろしく」と言うだろう。
そして、最高責任者たる私自身は、「組織全体に関して安全管理と危機管理の両方を行う」というだろう。

  <次セクションへ続く>

次セクションへ

当セクションの冒頭へ

コース000002論文式eラーニング「ヒューマンエラー」へ

コース000030実用書式eラーニング「職務分掌マニュアルのあり方・作り方・使い方」へ

※1:
人力車という機器に一人で一貫して関わることが可能」とする理由は、装置・機器のメカニズムが航空機や鉄道に比べたら高度・複雑ではないため、運転手自らが自分が使う人力車を整備・保守をすることが可能だからである。

が、もちろん、整備専門家へ外注してはならない、という意味ではない。予算的に可能ならば、専門家への外注は大いに結構なことだと思う。

 
 


フリーWebカレッジ 組織運営学科 コース000100「安全管理危機管理・概念論」 担当講師:蒔苗昌彦 eラーニング 通信教育   


   前セクション   目次   カレッジTOP   受講 ・手続き不要のネット研修

 セクション6「まとめ 〜 安全管理危機管理の概念上のポイント」

以上によって、安全管理危機管理の概念が明確になったことと思うが、いかがだろうか?

ポイントを確認すると、次の通りとなる。

1.安全管理危機管理の概念は、「安全管理上の危機管理/危機管理上の安全管理」(b)において、重なり合う。

2.安全管理には、そもそも危険に近づかないという、いわば「純・安全管理」(a)の選択肢がある。

3.危機管理には、「純・安全管理」(a)の選択肢は無い。

4.危機管理の担当者には、安全確保が不可能になってしまった際、危機による悪影響を少なくするという、いわば「純・危機管理」(b)の義務がある。

5.安全管理危機管理を実際に行うには、まず管理対象を特定し、その上で担当者を決める必要がある。

6.安全管理危機管理を別々の担当者とするか、兼務させるかは、管理対象の特性次第である。

なお、ある程度以上大きな組織においては、安全管理危機管理の対象は多くあるはずで、多種多様な職務・多種多様な作業に、不均一に分散しているはずである。※1 だからと言って、すべてに渡って一々、「安全管理者を任命する」「危機管理担当者を任命する」といったようにして辞令を出す必要はない。また、安全管理/危機管理に関わる作業名称全てに、「○○○安全管理作業」「○○○危機管理作業」という言葉を付ける必要もない。それぞれの仕事の手順の中に、安全管理上/危機管理上の行動・動作が含まれてさえいればいいのである。

しかし、そうであっても、管理対象一つ一つの安全管理危機管理の責任者は、明確になっている必要がある。

この「いちいち安全管理/危機管理と呼ばなくても、管理対象一つ一つの安全管理/危機管理の責任者は、明確になっている必要がある」という、一見、矛盾するかのようにも思える点は、安全管理/危機管理のポイントであり、組織運営上の大きな課題でもある。

この課題への具体的な取り組みは、職務分掌マニュアルの作業項目一覧表、および、「規定作業/委任作業/随時指示作業の判定」によって実現可能となる。それどころか、安全管理責任・危機管理責任を正確に明文化する手立ては、「規定作業/委任作業/随時指示作業の判定」しかありえない。この判定については、当カレッジの別コース、000030「職務分掌マニュアルのあり方・作り方・使い方」(パート2セクション7)にて詳しく説明しているので、そちらをぜひ受講して下さい。

では、別のコースで、またお会いしましょう!

  <安全管理/危機管理・概論-1 概念論 おわり>

当セクションの冒頭へ

コース000002論文式eラーニング「ヒューマンエラー」へ

コース000030実用書式eラーニング「職務分掌マニュアルのあり方・作り方・使い方」へ

 
※1:
たとえば大型航空機による旅客運輸の安全管理/危機管理をする立場を想像してみると、まず機長や副操縦士、管制官の立場が思い浮かぶが、これらだけで3つの職務となり、緊密に連携を取る関係にはあるものの、それぞれの作業特性は異なる。さらに旅客機の職務といえば、客室乗務員が思い浮ぶが、この職務も、前述3職務とはまた別の安全管理/危機管理を行ない、たとえば国際便ファーストクラス担当ともなれば完全な生食とまでいかなくともそれに近い鮮度管理をしなければならない種の食品の衛生面での安全管理までをも行う。また同じ航空会社でも地上勤務にて空港のチェックインに責任を持つ職務は、ハイジャックやテロ防止のために持ち込み手荷物に関する安全管理を行う。飛行機が空港の格納庫でそれこそ羽根を休めている間は、整備職務がメンテナンス上を通じて機器の安全管理を担当する。IT関連の職務は情報セキュリティ上の安全管理/危機管理を行う。このように安全管理/危機管理は、多種多様な職務・多種多様な作業に分散しており、しかも不均一である。

 

●制作・著作:蒔苗昌彦 
※当コンテンツはすべて、閲覧者自身の勉強用としてパソコンのモニター画面上で閲覧する行為に限定し、公開しています。それ以外の使用(二次使用・商業利用・転載等や印刷等)については電子メールにてお問い合わせ下さい。

 info@free-web-college.com

eラーニング 通信教育 ネット研修 受講  論文式eラーニング「安全管理/危機管理・概論 -1『概念論』」 担当講師:蒔苗昌彦 インターネット上の仮想大学 フリーWebカレッジ

■新コンテンツ:思考訓練学科開講記念小説へ

能力開発学科 開講記念小説へ


●以下は、推薦サイトです。(フリーWebカレッジ以外の教育情報・eラーニング系サイト)

1.財団法人高度映像情報センター eラーニングその他各種教材のポータルサイト 7000を超える教材情報を登録
  → http://www.kyouzai.info/ 

2.マサチューセッツ工科大学(MIT)オープンコースウエア(OCW)。同大学が公開する講義・教材にて誰もが で勉強ができる。
  → http://ocw.mit.edu/

3.日本eラーニングコンソシアム(eLC)が運営するeラーニング情報ポータルサイト。eラーニングに関する最新ニュース、企業・学校のインタビュー、講座、イベント、書籍の紹介。また「eラーニング」製品を検索できる。
  → http://www.elc.or.jp

4.総務庁消防庁が運営する、防災・危機管理がテーマのwebカレッジ。
  写真を活用した分かりやすい内容で、子供から大人、一般人から専門家まで、幅広く学ぶことができる。
  → http://www.e-college.fdma.go.jp


2006年8月7日更新 ネット研修担当講師:蒔苗昌彦   portrait


■活動財源獲得業務の紹介ページ
1.S・E・Oサポート  2.職務分掌マニュアル作成サポート

new column ■s.kyoikuポイント

cinema1

video

btt25

skills

pr-cmネット

bath