社員教育概論-1『社員教育の定義とポイント』」


 フリーWebカレッジ 組織運営学科 コース000700 ネット研修 担当講師:蒔苗昌彦 eラーニング 通信教育  


 次のセクションへ  フリーWebカレッジTOPへ

●セクション1「当コース開講の趣旨」

企業の不祥事や事故が起きると、当然のことながら、必ず当該企業の代表が深く謝罪の意思を表明する。私のみならず受講者の皆さんも、メディアを通じて何度かそうした意思表明に触れたことがあると思う。その際、代表は再発防止への取り組みについても必ず誓う。そして、取り組みの具体的な方法として、しばしば発表されるのが「マニュアル」と「社員教育」だ。それほど、「マニュアル」と「社員教育」は、組織を望ましい状態にするために必要なアイテムとして広く認識されているのである。

いきなり暗い話から切り出してしまったが、ではガラリと明るい話へと切り替えよう。

日本に登場してから20年、最も成功した接客サービス業、世界でもトップクラスの接客サービス業、最も手本にすべき接客サービス業として評価が高い事業は?

そう問えば、多くの人が東京ディズニーランドと答えるだろう。そして、「その成功の原動力は?」と問えば、ウォルト・ディズニーの理念やアニメやキャラクター、テーマパーク運営ノウハウなどの膨大な知的資産等を列挙する人もいるだろうが、日本の地における経営実践の具体的なアイテムとして「マニュアル」と「社員教育」を上げる人が多いだろう。

実際、私が以前オリエンタルランドの社員として東京ディズニーランド事業に関わったことがあることを明かすと、必ずと言っていいほど、この事業における「マニュアル」と「社員教育」に関し質問攻めにあう。私にしてみれば、この2点だけが東京ディズニーランドの成功の鍵というわけではないことを実体験として知っているだけに、「マニュアル」と「社員教育」以外のことは一切答えなくて良いといったムードすら漂う質問攻めにはいつも苦笑する。

しかし、こうしたことからも「マニュアルと社員教育は、組織を望ましい状態にするために必要な定番アイテムとして広く認識されている」との見方は強化される。

では、世間の認識ではなく、私自身の判断はどうなのかと言えば、もちろん「マニュアル」と「社員教育」は組織運営の必須アイテムであると判断している。ただし、組織運営の必須アイテムは他にも色々とあるとの前提に立つ。

組織運営の上で必須アイテムと言いながらも、それだけが必須じゃないと言うと、あまり重要ではないように感じる人もいるかもしれないが、必須である以上、やはりそれは重要である。

だからこそ、実際に、当フリーWebカレッジのコース000030にて「マニュアルのあり方・作り方・使い方」を詳述したわけだし、当コース、およびこれに続くシリーズにて、「社員教育(職員研修)」を論じるのである。

当コースの対象者は、組織運営の中枢となる職務に就く人および教育担当者・研修担当者とする。そして、「社員教育(職員研修)」に関し、その概念の定義とポイントを、私見として述べる。この私見に対する理解と批判を通して、受講者が携る組織の運営がより一層円滑になることを願う。

なお、当コースおよびこれに続くシリーズはすべて、「社員教育(職員研修)」に限定して語る。家庭教育や学校教育等は、対象外である。軍隊教育も対象外である。いくつか共通点もあろうが、だからと言って、対象外の教育にまで言及しているとは誤解せずに、受講して頂きたい。       <次セクションへ続く>

当セクションの冒頭へ

《目次》(サイトマップ)

セクション1「当コース開講の趣旨」

セクション2「『社員教育(職員研修)』という概念の定義」

 2-1「『教育』という概念の定義」
 2-2「『社員教育』と『従業員教育』の概念の違い」
 2-3「『社員教育』という概念の定義」
 2-4「『研修』や『訓練』の概念定義と『教育』との概念関係」
 2-5「その他の類似概念・関連概念との関係」

セクション3「社員教育のポイント」

 3-1「教育を行なう者自身が、主体性を持つこと」
 3-2「教育を行なう者自身が、社会正義の実現に積極的であること」
 3-3「社員に対してどのような能力を求めているのか明確にし、
     組織内で共有しておくこと」
 3-4「階層に応じた教育を行なうこと」
 3-5「様々な手段を駆使すること」
 3-6「上司による部下への日常指導を重視すること」
 3-7「人事制度と連携を取ること」

セクション4「まとめ」

学習オプション
次セクションへ

●制作・著作:蒔苗昌彦 
※当コンテンツはすべて、閲覧者自身の勉強用としてパソコンのモニタ-画面上で閲覧する行為に限定し、公開しています。それ以外の使用については電子メールにてお問い合わせ下さい。

 info@free-web-college.com

社員教育 研修 受講  「社員教育・概論 -1『社員教育の定義とポイント』」 担当講師:蒔苗昌彦 インターネット上の仮想大学 フリーWebカレッジ


●次は、推薦サイトです。

1.マサチューセッツ工科大学(MIT)オープンコースウエア(OCW)。同大学が公開する講義・教材にて誰もが で勉強ができる。
  → http://ocw.mit.edu/

.日本eラーニングコンソシアム(eLC)が運営するeラーニング情報ポータルサイト。eラーニングに関する最新ニュース、企業・学校のインタビュー、講座、イベント、書籍の紹介。また「eラーニング」製品を検索できる。
  → http://www.elc.or.jp

.総務庁消防庁が運営する、防災・危機管理がテーマのwebカレッジ。
  写真を活用した分かりやすい内容で、子供から大人、一般人から専門家まで、幅広く学ぶことができる。
  → http://www.e-college.fdma.go.jp


研修 社員教育 担当講師:蒔苗昌彦 


■links

cinema1

skills

pr-cm.net

bath