「人事制度の構築と運営の方法」(MM式チームワーク主義育成型人事制度) フリーWebカレッジ


フリーWebカレッジ 組織運営学科 コース000070「人事制度の構築と運営の方法」 担当講師:蒔苗昌彦


 前セクションへ  次セクションへ   目次へ   フリ-WebカレッジのTOPページへ  

<パート2>

●セクション1「人材育成のPDCAサイクルと考課の位置づけ」

前パートで述べたように当コースが語る人事制度は、チームワーク主義であると同時に人材育成主義である。人事制度を運営することによって人材育成が促進されてこそ、その主義の本領が発揮される。そのためにくれぐれも気をつけなければならないのが、「考課の位置づけを間違いないこと」である。

世間一般において、新たに人事制度を構築しようとする時や大幅改訂しようとする時、いきなり考課の基準と方法から考え出す人が結構いる。しかし、人材育成主義のもと人事制度を構築し運営しようとするならば、考課のことを最初に考えてはならない。※1

考課は、あくまでも右の図のように、人材育成のいわばPDCAサイクルの中のC(点検)の位置づけであり、一番最初にあるものでない。

一番最初にあるべきものは、右図PDCAサイクルのように「仕事の設定」および「求めたい能力の提示」である。社員・職員の各人に対し、具体的にどのような仕事をしてもらいたいのか、どのような能力を開発・伸長してもらいたいのか、組織として示すことが必要なのである。

ちなみに、「仕事の設定」は、人事制度のサイクル(半年間または1年間)の期間の期首に、「作業項目一覧表(後述)」と「チャレンジシート(後述)」を用いて上司と共に行う。

「求めたい能力の提示」は、人事制度のサイクルを回し出す以前に組織が公開する「基礎能力開発基準一覧(後述)」を以て各人へ提示されたこととした上、さらに期首、特に力を入れて開発すべき能力を上司と共に確認する形にて行う。

これらを前提として、期中、管理職(上司)は日常指導を行なう※2。そして、期末に日常指導の内容を振り返り成果を確認し、考課を行うのである。

したがって、パート1でも触れたように、いわゆる考課基準は、人材育成の基準をそのままスライドして用いることとする。つまり、人材育成の基準と全く別の考課基準を設けることはしない。そして、この人材育成の基準とは、実務においては「作業項目一覧表」と「チャレンジシート」、能力開発においては「基礎能力開発基準(一覧)」なのである。こうしてこそ、人材育成のPDCAサイクルが成り立つ。

  <次セクションへ>

当セクションの冒頭へ

人材育成のPDCAサイクル
※1
もっとも、人材育成主義をうたわない人事制度であっても、人材が育成されるのに越したことはない。この観点からすれば、「仕事の設定および求めたい能力の提示」をせずにいきなり考課の基準や方法を考えることは、当コースが述べる人事制度でなくても、順番の誤りとすることができるのではなかろうか? もし「考課をすることだけが目的の人事制度」というのならば別だが、そうでなければどのような人事制度においても考課は一チェックポイントとなるだろう。

いずれにしても、「何のための人事制度か?」という認識をしっかり持って制度構築に臨む必要があることには違いない。

 
※2
ここで言う日常指導とは、仕事をちゃんと行なっていれば労いの言葉をかけ、そうでなければ注意叱責することである。また、基礎能力開発基準一覧に定義してある通り行動していれば褒めてあげ、そうでなければ注意叱責することである。
 
当コースの構成(目次)

<パート1・総論>
セクション1「当コースが適用される組織タイプ」
セクション2「当コースの人事制度の主義とは?」
セクション3「当人事制度の特徴」

<パート2・各論>
セクション1「人材育成のPDCAサイクルと考課の位置づけ」
セクション2「当人事制度の構造・フロー(骨格)」
セクション3「基礎能力開発基準を中心とした人材育成のフロー」
セクション4「仕事の構成と賞与までの流れ」
セクション5「管理職・未管理職の区分と等級」
セクション6「長期雇用フルタイム時給労働者の位置づけ」

<パート3・当人事制度の運営に必要なアイテム>
セクション1「人事制度に関連する用語の定義・解説書」
セクション2「基礎能力開発基準(一覧)」
セクション3「区分別・階層別・等級制度」
セクション4「昇級候補者選定基準」
セクション5「作業項目一覧表」(職務分掌マニュアルの一部)
セクション6「実務考課(業績考課)の判断基準」
セクション7「能力考課の判断基準」
セクション8「チャレンジシート」
セクション9「実務考課票」(業績考課票)
セクション10「能力考課票」
セクション11「能力細目チェックリスト」
セクション12「年齢給テーブル」(給与ベース+年齢給)
セクション13「能力給テーブル」
セクション14「職務手当テーブル」
セクション15「新人事制度概要解説パンフレット(全社員向け)」
セクション16「各種規定(規程)」
セクション17「管理職用・人事制度運営マニュアル」
セクション18「チャレンジシート活用テキスト(全社員向け)」
セクション19「人事担当者用・人事制度運営マニュアル」
セクション20「Q&Aシステム」

<パート4・その他>
セクション1「当人事制度の長所・短所」
セクション2「考課結果の通知」
セクション3「考課の不服申し立て制度」
セクション4「人事制度に関する管理職研修」
          (いわゆる考課者研修との違いについて)
セクション5「導入検討時に発生しがちな論議」
セクション6「制度移行に伴う不利益変更」
セクション7「賞与と報奨金制度」
セクション8「職位の対外呼称と部門独自の呼称」

パート5・用語の定義

パート6・Q&Aコーナー

カレッジTOPへ

■講師への質問メールinfo@free-web-college.com


●制作・著作:蒔苗昌彦(担当講師)

二次使用について

当コンテンツはすべて、閲覧者自身の勉強用としてパソコンのモニター画面上で閲覧する行為に限定し、公開しています。

それ以外の使用(印刷・配布・組織的利用・商業利用・転載等)については、電子メールにてお問い合わせ下さい。

 info@free-web-college.com