人事制度

■ 人事制度

当人事制度固有の概念定義はせず、一般に準ずる。
一般において、組織を構成する人たちに関する複数の事柄を総合的に取り扱う制度を言う場合もあれば、組織を構成する人たちに関する或る一つの事柄に関する取り決めを言う場合もある。
後者は、たとえば、賃金の分配方式をきっちり定めてあることだけを指して人事制度と言う場合もある。
当人事制度においては、前者、つまり「組織を構成する人たちに関する複数の事柄を総合的に取り扱う制度」を言う。当人事制度における「複数の事柄」とは、当コースの一連の記述にて登場するので、そちらを参照のこと。ただし、雇用保険、労災保険、健康保険、年金、退職金等その他福利厚生については、記述していない。これらについては行政当局や社会保険労務士に問い合わせて下さい。


<用語の目次へ戻る>